国内初の人工カヌースラロームコース

カヌー・スラロームセンターは、都立葛西臨海公園の隣接地に2019年に新しく整備された国内初の人工カヌースラロームコースです。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ではカヌー(スラローム)競技の会場として使用されます。
大会終了後には、カヌーをはじめとした水上競技の国際・国内大会を開催し、アスリートを強化育成する拠点とするとともに、広く水上スポーツ体験やラフティングなどの水上レジャー参加への機会を創出します。

  • 国内初の人工カヌースラロームコース
  • 国内初の人工カヌースラロームコース
  • 国内初の人工カヌースラロームコース
  • 国内初の人工カヌースラロームコース

コース紹介

競技コース

長さ約200M、幅約10M、平均勾配は約2%、平均水深は1.5Mでコース高低差は4.5Mです。

競技コース

ウォーミングアップコース

長さ約180Mで小型の水中ポンプを水路の底面に設置して流れを作り出します。

ウォーミングアップコース

フィニッシュプール

競技コースの激流を静水に整えるためのプールです。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会後は広い静水面を利用した水上レジャーの機会の提供を想定しています。

フィニッシュプール

コースの仕組み

巨大なポンプ設備で送水

カヌー・スラロームセンターで使用する1万8000m3の水道水は、3基のろ過機により安定的・継続的に水質を維持しています。競技コース用のポンプ設備は、1基あたり毎秒4m3の水を汲み上げるポンプを4基設置しています。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会時には4基の内、3基を稼働し、毎秒12m3の水を送水します。フィニッシュプールの水は、このポンプ設備で競技コースのスタート地点まで汲み上げられます。

巨大なポンプ設備で送水

障害ブロックで水の流れを調整

汲み上げられた水は、平均勾配2%の競技コースを重力に従って流れ、激流を作り出します。競技コース内には、いたるところに障害ブロック(オブスタクル)が設置されています。水の流れが障害ブロックに当たることで、複雑なうねりや渦、波が生み出されます。

障害ブロックで水の流れを調整